iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
iconoclasme II ©
Never has art been so revered, pampered and protected. Absolute value and art for value sake. Modern art has become mummified by snobbery and the patronage of the wealthy. Static, untouchable, impersonal, framed and displayed.

Before breaking down the museum walls, come and see ‘Iconoclasm II’. A 8 day, evolving exhibition and art piece that you can view, engage with and even participate in shaping and owning. 

Expressive, pagan and liberating ‘Iconoclasm II’ proposes and finally offers you the creative freedom to cut, share and posses a part of the original large canvas in turn personalising and making the work your own. 

‘Iconoclasm II’ - the next step Tokyo
アートは一部の裕福層により所有され、剥製のように生の無い物へとなってしまっている。芸術の歴史の中でもこれほどまでに崇められ、甘やかされ、閉じ込められてきたことはなかったであろう。アートとは額縁に入れられ、動かず、触れられず、無個性な存在ではないはずだ。

アートの現状を打破したい衝動に駆られている者も多いだろう。その激情に身を任せる前に『グウゾウハカイⅡ』に来て、見てほしい。これは8日の時をかけて進化をするエキシビション。訪れる人々はアートピースを眺め、参加し、新しい作品を一緒に作り上げる。そしてそれを自分のものとする。

進化の果てには作品を切り、作品を分け合う。そのひと切れは君自身が投影されたアートワークと成るだろう。何かをうったえてくる、いかがわしい、なんでもありの『グウゾウハカイⅡ』は、再生し君に創造の自由を与えよう。

『グウゾウハカイⅡ』 新たなステージを東京で

Johannes

Painting - Installation

Venue: 1F - Main Gallery B
Date: April 7 (SAT) - April 14 (SAT)
Opening hours : 11:00-19:00
Cut & Share April 14 (SAT) 19:00-22:00

Contact: iconoclasm-2@johannes.tokyo

Admission: Free